閑散期をキャッシュポイントにする方法①


閑散期だからしょうがない。
閑散期が続くとそうも言ってられません。

何かお金に結びつくことを考えないと!!

焦る気持ちがでてきます。

ところが、

閑散期は他の仕事を探そうにも
いつ仕事が入ってくるかもわからないので
ダブルワークもできません。

第一、いつからいつまで働けるかわからない人を
雇う人なんていませんものね。

しかし、自営業者は
経費の支払いはしなくてはならないのです。

たとえば、仕事場を借りていれば家賃、
あまりお客様がなくとも必要な照明やエアコンなどの電気使用料金や、
自宅待機してもらっている従業員の給与も場合によっては支払いが生じます。

閑散期にキャッシュポイントにできることを考えてみる
閑散期だからと言って
なんでもできるわけではありません。
つまり、条件があります。

1.自宅でできること
2.細切れ時間でできること
3.無料、もしくは無料に近い費用でできること
4.今あるスキルでできること

この4つを満たすキャッシュポイントを探さなければなりませんでした。

 
1.自宅でできること
自宅で可能という条件は
交通費をかけないということにつながります。

ただでさえ収入がない時期に交通費を使うことは許させません。
自宅できる作業。

それを考えました。
2.細切れ時間でできること
細切れ時間でできることは重要です。
なぜなら、いつ仕事が入ってくるかわからないからです。

仕事が入ってきたら
すぐに取り掛かれる体制は取っておかなかければなりません。

いつ作業が中断されてもまた再開できる
そんなキャッシュポイントを見つけることが必要です。

 
3.無料、もしくは無料に近い費用でできること
閑散期の収入のないときに始めるのですから
お金をたくさんかけることはできませんよね。

初期費用がかからないか、もしくは格安でできること。
人を雇わず自分一人で完結できるそんなもの。

あるかな・・・?

 
4.今あるスキルでできること
何かを始めるとき、わからないこと、知らないことがほとんどです。
そのため、何かを教わったり勉強をしたりすることは必要になります。

ですが、閑散期はそうする時間も費用も潤沢でなない時期です。

と、すれば、自分が今持っているスキルでやるしかないのです。

 

以上4つの条件を考えた私は

次に、ある4つのことを始めました。
そこから今へと発展していくのです。

 

次回は

「閑散期をキャッシュポイントにする方法②」

私が行った4つの方法について
お話ししたいと思います。

ご訪問いただき最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール紹介

eanipro

えあーにです。

自営業の収入って
やればやるほど、

良くも悪くもやっただけ!!
ですよね。
でも、やりたくてもやれない時期、そう閑散期。

閑散期をどう変えていくかはあなたの取り組み次第。

こちらでは、
閑散期のモチベーションや
サイドビジネスとして地道に報酬を得るための秘策を提案していきます。。
よろしければお付き合いくださいね。

詳しいプロフィールはこちら→

◆ランキング参加中◆

このページの先頭へ